Return to the upper page
​(Click here)

論文、レポート、研究計画でお困りの方へ

指導者以外からのセカンドオピニオン、投稿準備や研究の構想に対するコンサルティングを行なうサービスです。​

当方、海外を含むいくつかの学術誌で査読を務めています。これまでに査読した件数は50以上です。査読した論文が学会賞をとったり、ダウンロード件数トップになる嬉しい経験をしたことも何度かあります。

                               詳しい経歴は、こちらをどうぞ

​click here

ご相談をお受けできる研究分野は心理学や質的研究。HOMEのメニューとして載せられている分野、トピック以外でも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。      扱うトピックの詳細はHOMEへどうぞ

​click here

ご利用をお勧めするケース

・論文を投稿する前に

学術誌への論文は、キャリア形成にたいへん重要です。採択までの時間を短かくしたい、確実に採択されたいと思われている方が対象です。基本的に、学術誌での査読と同様のことをして、投稿にふさわしい内容と体裁になるよう、お手伝いをします。不十分な状態で投稿すると、審査に時間がかかったり、即時リジェクトになりかねません。何より、あなたのアイデアを相手に伝えることができません。また貴重な研究が埋もれることで、学術界の損失ともなりかねません。査読を添削代わりに利用することは印象を悪くしますし、編集活動の阻害になりますので、十分な事前準備をお勧めします。

・研究計画を提出する前に

卒論、修論、博論を執筆する前に、構想を発表する機会があ。よい研究になるかどうかは、構想の段階で半分以上決まると思います。どのような見取り図を描き、どのように進めていったらよいか、一緒に考えましょう。

・レポートや卒論で困ったら

研究活動というほどでなくとも、期末レポートや卒業論文は単位取得、進級、卒業を左右しかねない重要な活動です。ちょっとした工夫で書けるようになったり、よりよい内容になったり、あなたのアイデアが形になったりします。そのよう

な​きっかけを提供したいと思います。

多くの方には指導者がいらっしゃり、基本的にその先生の指導を受けられるのだと思います。最も身近な方ですから、大いに活用されるべきと思います。本サービスはセカンドオピニオン、あるいは指導者の補填です。研究を見る視点は複数あったほうが有利だと思います。また先生の中には非常に多忙で、十分な指導時間が取れない方もいらっしゃるでしょう。そんなときに、本サービスをご利用ください。研究会等でアドバイスを受けることも貴重ですが、こちらも十分な時間をかけてもらえなかったり、研究全体を理解した上での助言ではなかったりというデメリットがあります。

本サービスの進み方

・初回相談  (無料)

初回相談は無料です。

初回相談では、ご相談内容についてお引き受けるかどうかのお返事、概括的な意見や助言をいたします。

返信は、10日以内にいたします。

ページ上部あるいは下部の "Contact Us" のアイコンをクリックするとメールが送れます。

件名を「研究相談」とし、本文にご用件をお書きください。同時に論文等を添付ファイルで送ることも可能です。

添付ファイルはWord、Pages、PDFのいずれかの形式でお願いします。

​返信可能なメールアドレスから送信くださるか、送信先をご指定ください。

・2回目以降の相談  (有料)

2回目以降の相談は、1回あたり5000円を申し受けます。

​学術誌の査読と同等の意見や助言をします。また学術誌の査読とは異なり、研究上のアドバイスやアイデアの提供も行ないます。

返信は、10日以内にいたします。

基本的に本サービスは2回までに完結することを前提とします。3回目以降は、相談者のご希望があれば受け付けます。

ご不明な点は、ご相談と同じアドレスからメールにてお尋ね下さい。(無料)

このお問い合わせは、相談回数には入りません。